ホラー映画における定番の演出の理由

ホラー映画によくある演出で、殺人鬼などの怪人が出てきて逃げるシーンがあると思うのですが、そういったときに逃げている側が途中で転ぶ瞬間を何度も見ている人もいると思います。
途中で転んで、その間に殺人鬼などが距離を詰めてきて、最後殺されてしまったりというシーンはホラー映画では結構定番となっている部分なのですが、なぜ定番になっているのか?というのはちゃんと理由があります。
それは途中で転ばないと、逃げている側が逃げ切ってしまうという事情があるからです。
こういった殺人鬼が全力で走って追いかけてくるシーンはまずありません。
だいたい余裕をかましながら、堂々と歩いて追いかけてくることが多く、それが余計に恐怖を駆り立てるということがあると思います。
しかし、歩てくるスピードに対して、逃げる側が走り続けると、確実に逃げ切ってしまうので、全く盛り上がらないのです。
最終的に追いつかれてしまうことが重要なので、途中で転んでしまい、その間に距離を詰めて、追いつかれるという状況をいろいろな映画で演出しているということになります。
さすがに怖い存在から逃げるのに、歩く人がいたら不自然すぎるので、当然ながら逃げる側は走りますが、走ると上記のような都合の悪い部分が出てしまうことになり、こういったお決まりのシーンが何度も見られるということになるのです。
見ているときには何で毎回転ぶんだろう?なんて思わないかもしれませんが、後から振り返ってみると毎回転んでいるというのも随分不自然に思えてくると思います。
しかし、それは映画を作っている側の事情の問題もあるということで知っておいてほしいです。
ホラー映画の作り手の事情も知っておくと、映画がより面白く感じられる場合もあると思いますから。